自衛隊医師の採用基準は?

自衛隊医師求人TOP >> FAQ >> 自衛隊医師の採用基準は?

自衛隊医師の採用基準は?

医師の転職は業種によって様々な条件をクリアしなければなりません。特に特殊な業種では採用基準が厳しく設定されていることもあるので注意が必要です。自衛隊医師の採用基準はまさにそうした特殊な業種のひとつで、いくつかの採用条件をクリアしなければ働くことが出来なくなっています。医療関係の技術もそうですが、それ以外にもいくつかの基準をクリアしなければならないので、自衛隊への転職を希望している方は採用基準をクリアできるかどうか確認しておきましょう。

自衛隊に転職するためにはまず身体的な問題をクリアしなければなりません。医師といっても自衛隊が活躍するような現場で働かなければならない以上身体的に問題がある人材は働くことが難しいのでその基準は非常に厳しくなっています。例えば身長は男子なら155cm、女子なら150cmが条件となっており、それよりも小さい場合は問答無用で不合格となります。また難病を抱えているなどの問題があるという方や視力が極端に低い場合も不合格になります。

自衛隊入隊の条件はいくつかの資格が求められます。医師としての勤務経験が無い方の場合は防衛医科大学を卒業することになりますが、医師の勤務経験が既にあるという方は医科歯科幹部採用試験に合格することが条件となります。試験内容は小論文と口述試験、身体検査となっており、医師にとって必要な知識などが備わっているか試験を通してチェックを受けます。内容については過去問題なども公開されているのでそちらをチェックしてみてください。

医師として働く以上当然医師のスキルは求められますが、その内容に関しては医師免許を取得するだけの知識があれば問題ないといいます。また歯科での勤務経験があるという場合は医師とは別の形で勤務を行うことになっているので注意が必要です。少なくとも一般的な病院での勤務をきちんとこなしてきたという方なら必要なスキルを十分に備えているはずなので、実際に勤務することになっても問題なくそのスキルを活かす事が出来るでしょう。

自衛隊医師として働くことで医師としてのスキルや様々な知識、健康な身体などが求められますがその基準は非常に厳格で、視力の低さが問題で他が完璧でも不合格になることも十分考えられます。そういった一つのミスで不合格を避けるためにも予め合格基準や採用試験の問題などを確認しておいて、確実に転職することが出来るように準備を進めていきましょう。

自衛隊の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 自衛隊医師募集ナビ All Rights Reserved.