自衛隊医師と一般の医師との違いは?

自衛隊医師求人TOP >> FAQ >> 自衛隊医師と一般の医師との違いは?

自衛隊医師と一般の医師との違いは?

医師が働ける職場は数多くありますが、中でも自衛隊の医師はそれほど多いわけではないので、具体的にどのような職場環境なのか把握していないという方も少なくありません。中には最前線で怪我を負った自衛隊員を治療するために危険な任務をこなすのではと考える方もいますが、基本的には自衛隊医師の業務内容は安全なものになっているので、自衛隊医師についての知識がないという方はまず一般の医師との違いを比較してみてください。

自衛隊医師と一般の医師との違いは待遇にあります。例えば給与は働き始めのころは自衛隊意思として勤務したほうが高めに設定されているので、医師としての勤務期間が短い状態で転職する場合は高い給与で働くことが出来ます。休日は一般的な病院と同じく土日祝日や夜間に出勤する必要があるので、固定給が欲しいという方は少々不満が残るかもしれません。さらに自衛隊として勤務する場合は医師も公務員待遇になるため、安定性を求めているなら最高の条件といえます。

自衛隊医師の勤務は自衛隊病院などでの勤務となるのでそう大きな変化はありませんが、一般の医師と比べて自由度は低くなっています。特に勤務先の選択は基本的に自由意志で行われていることは無く、指定された自衛隊病院のある都道府県に出向することになるため、特定の職場で働きたいという方はその希望を叶えることは出来ません。さらに階級が上がるとさらに出向する機会が増えるので、自衛隊への転職を検討している方は注意してください。

自衛隊医師と一般の医師との最大の違いは公務員待遇という点にあります。少なくとも倒産などの心配をする必要はありませんし、よほど大きな問題を起こさない限りは解雇などの問題も無いので、安心して働き続けることが出来ますが、公務員待遇であるためアルバイトなどは禁止されています。よく働き始めの医師が非常勤待遇でアルバイトをしていますが、自衛隊病院で勤務する場合はそうした副業が出来ないので、転職後も同じような感覚で働かないようにしましょう。

自衛隊医師と一般の医師とでは公務員としての安定と自由度の低さが大きな違いとなります。どちらを優先するべきかは個人の裁量にもよるので一概にどちらが優れているとも言えないので、自衛隊への転職を検討しているという方はどちらを優先するか考えてみましょう。自衛隊求人に関する詳しい情報は自衛隊の公式サイトなどの採用ページなどでも公開されているので、そちらも忘れずにチェックしておいてください。

自衛隊の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 自衛隊医師募集ナビ All Rights Reserved.