自衛隊医師に勤めるには?

自衛隊医師求人TOP >> FAQ >> 自衛隊医師に勤めるには?

自衛隊医師に勤めるには?

自衛隊は有事に備えて様々な活動を行っており、どんな事態に対応できるよう様々な人材を集めています。医師もそうした人材の一人として挙げられており、自衛隊医師向けの求人も毎年公開されています。そのためにはいくつかの条件をクリアしなければなりませんが、身体的な課題などもあるため、場合によっては医師としての能力が優れていても転職することができない可能性もあります。なので、転職活動を進める際は前もって資格をクリアしているかどうか確認しておきましょう。

自衛隊で医師として働くためには採用試験に合格する必要があります。既に医師として働いている場合は医科歯科幹部採用試験を受ける必要があり、小論文や口述試験、身体検査に合格しなければなりません。小論文や口述試験などは過去問題などをWEBサイトで確認したり専用のテキストなどを参考すれば問題なく合格することが出来ますが、身体検査は基準となる身長や視力、各種健康状態をクリアしていないと合格することが出来ないので、基準値を満たしているか確認し、改善できるなら改善できる方法を探してみましょう。

自衛隊医師として勤務する際は採用試験を合格すれば良いですが、医師としての勤務経験がある場合は勤務期間によって階級が変化します。勤務経験が浅い医師でもある程度高い役職である曹長待遇で勤務することが出来ますが、勤務経験が長い場合は二佐などさらに上の役職になることが出来、その分給与がアップします。とはいえ自衛隊で勤務する時点で一般的な医師の給与よりは下がってしまうのでその点は注意が必要です。

自衛隊に勤務する場合は自衛隊病院や防衛医科大などで勤務することになりますが、職場の選択はほぼ出来ません。はじめの内は指定された都道府県の自衛隊病院などに勤務することになり、キャリアを積んだ後も出向事例などを受け取って別の地域に異動することになるので、自分が努めたい職場で働くことはほぼ出来ません。そのため転勤族になるのは間違いないので、家族で暮らしている方はそのあたりを考慮に入れて転職するかどうか決めてください。

自衛隊で働く際は採用基準なども重要ですが、実際に働き始めた後の生活に関しても深く考えなければなりません。はっきりいって一般的な病院などに勤務する時よりも考えることが多く、自由度もそれほど高いわけでもないので、不満点も多く出てくるでしょうが、自衛隊で働くことで得られる経験があるのは間違いないので、他では得られない経験を得てこれから先の人生をより充実したものにしたいという方は是非転職にチャレンジしてみてください。

自衛隊の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 自衛隊医師募集ナビ All Rights Reserved.