自衛隊医師の業務内容は?

自衛隊医師求人TOP >> FAQ >> 自衛隊医師の業務内容は?

自衛隊医師の業務内容は?

自衛隊で勤務している方には様々な方がいますが、中には医師として働いている方も多く見られます。さらにその中に防衛医科大を卒業後自衛隊として働いた方と一般の医療機関で勤務した方が転職した方もおり、毎年自衛隊のサイトで転職希望者を募集しています。今ひとつその中身が知られない自衛隊医師の業務内容ですが、その中身はどのようなものなのでしょうか。

自衛隊医師の業務は多岐に渡りますが、平時に限っていえば一般的な病院で勤務している人とそう変わりません。自衛隊病院に通う病人やけが人の治療を行うことが主な業務となりますが、少し違うのは対象となる方が自衛隊員とその親族が中心になるという点です。最近は一般開放する自衛隊病院も増えてきていますが、まだまだその数は少ないため、まず治療するのは自衛隊の関係者となるでしょう。また自衛隊員の治療は全員身体が丈夫なこともあって大変早く治療が済むそうで、逆に張り合いが無いという笑い話も見られます。

自衛隊医師の業務は一般の病院勤務とそう変わらないように見えますが、やはり有事の際には記念名地域へ出向することもあります。例えば災害時には災害救助藩とともに現場に赴き、救助した方への応急処置などを行うことがありますし、海外派遣が決定した際も現地の怪我人などの支援を行ったり、万が一隊員に被害が及んだ際のための準備を行います。そう何度もあることとはいえませんが、自衛隊で働く以上そうした現場に赴く可能性は必ず付いて回るので、その点を理解した上で転職しましょう。

自衛隊員医師として働くためには医療関係の知識はもちろんですが、自衛隊員として必要となる知識を学ぶ必要があります。そのため業務の一環として自衛隊員としての訓練を行う必要があります。射撃訓練などの訓練や幹部職研修などを受ける必要があります。あくまでも医師としての業務が必要となるので現場で銃を持つ機会などは無いとされていますが、銃創治療などの特殊な治療が求められるケースも想定されているので、そうした特殊な怪我に対しての治療を行う際必要な知識を持つためにもこうした訓練は欠かせません。

自衛隊医師の業務は大変なことも多いですが、緊急事態が発生した時に役立つ知識を多く持つことが出来ます。もちろん活用する機会が無いに越したことはありませんが、他の職場でまず得られることが出来ない経験を持つことは長い人生を生きる上でも大きなプラスとなってくれるはずなので、もっと色々な経験を積んで医師としてもっと成長したいという方は自衛隊の公式サイトなどをチェックして採用条件などをチェックしてみてください。

自衛隊の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2015-2016 自衛隊医師募集ナビ All Rights Reserved.